カエル針 うめるとうまる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランとケイ

ニワトリ

タマゴ

羽毛に覆われたニワトリ

タマゴ

羽毛に覆われ
翼をもったニワトリ

タマゴ

羽毛に覆われ
翼をもち
さりながら高くは飛べないニワトリ

タマゴ

羽毛に覆われ
翼をもち
さりながら高くは飛べない
亀のような甲羅を捨てたニワトリ

タマゴ

羽毛に覆われ
翼をもち
さりながら高くは飛べない
亀のような甲羅を捨てたうえ
日の差さない湖底では生きてゆけないニワトリ

タマゴ

羽毛に覆われ
翼をもち
さりながら高くは飛べない
亀のような甲羅を捨てたうえ
日の差さない湖底ではいきてゆけなくなって
おにぎりをにぎるのに適した器官の具有に見切りをつけたニワトリ

タマゴ

羽毛に覆われ
翼をもち
さりながら高くは飛べない
亀のような甲羅を捨てたうえ
日の差さない湖底ではいきてゆけなくなって
おにぎりをにぎるのに適した器官の具有に見切りをつけた挙げ句
クチバシなもんで口笛もままならぬニワトリ

タマゴ

羽毛に覆われ
翼をもち
さりながら高くは飛べない
亀のような甲羅を捨てたうえ
日の差さない湖底ではいきてゆけなくなって
おにぎりをにぎるのに適した器官の具有に見切りをつけた挙げ句
クチバシなもんで口笛もままならぬかわり
こ こ と鳴くニワトリ

タマゴ

羽毛に覆われ
翼をもち
さりながら高くは飛べない
亀のような甲羅を捨てたうえ
日の差さない湖底ではいきてゆけなくなって
おにぎりをにぎるのに適した器官の具有に見切りをつけた挙げ句
クチバシなもんで口笛もままならぬかわり
こ こ と鳴く
厚いトサカの火の赤さのニワトリ

タマゴ



タマゴ

俺オンドリかも

タマゴ

このまま産んでていいの

タマゴ

いいの

タマゴ

生むよ

タマゴ

タマゴか?

タマゴ

ほんとに?

タマゴ(羽毛のない)

うん
羽毛はいらなかった

タマゴ(羽毛のない)(翼をもたない)

うん
いらない
スポンサーサイト



親子三人皮の字になって寝ていたはずなのに

明けには革の字に変わっており、誰かなめしたやつがいるのだ。



ニュートラルコーナーで淹れた茶は

うまい。それが4回戦の試合中であっても。



不孝

木のことはしらない

なのでなんという木なのか

二階のベランダから手を伸ばせばてっぺんにとどくほどの高さで
葉の茂りが疎らなわりに旺盛な生命力を感じさせるのは
固く尖って垂れることなくわかれにわかれた枝振りのせいか


名もしらないそんな木にモズが毎年飛んで来て贄を挿す

曾祖父
祖父

今年は私の番

来年モズがどう冬を越すのか
そればかり気掛かり



サラダ越しに見ていると

保護色とわかる体表の動物に住み着かれ。



テントウムシを模した押しボタンが

炊飯器についていたけど押しそうだ。



第二の土踏まずを発見した。ついにみつけた

との報告を受けて確認したところ、へそであった。いつものこと。



スイカやら素麺やらかき氷やら

本当は食べたくなんかないんだ。だろう。



産卵の朝

今朝皮だけになっていたバナナ
むかれた様子もないのに

傍らに卵
昨夜はなかったはずなのに

これがバナナの卵であることは明白で
なのに茹でてみたところ味は普通の卵と変わらず

でもおかしな感じ
予感がする

予感はおおむねあてにならないものだが
明日俺バナナを産んでしまうわ



暑くなるたび扇風機を買って帰るので足の踏み場もありはしない

何段かに積み重ねて使われることをあの形状が頑固に拒んでいる。



トンカツ弁当を食ってると共食いかよと言われ

それが嫌で今日はざるそばにしたのにまたしても。



形態学的心眼

眼に入る光を急に遮断されると大きく口を開けてしまう

可視光線を頬張ろうとしているよう
のどの奥にとりこもうとしているよう

原始
われらの祖先が
大きく口を開けて暗闇を歩いたころの記憶

のどちんこが光刺激の受容体であったころの古い記憶に支配されて



夏を過ごそう

頭蓋骨の中身
やわらかいやつ

あれが暖められて お日さまの熱でね
すこしばかり気化するみたい

どうも夏は頭が腫れて困る

腫れた頭を針で突くと
ぷしゅ
とガスが抜けてすっきりするけど

あのガスは結構大事よ

ポリ袋につめてとっておくといいって
この夏だけで10たまった



鏡に映ったときだけ

どうみても乳歯。



さらぬぐい

厨房で任されたのは返された皿に息を吹きかける作業でした。
ぼくの排出した二酸化炭素に反応して、皿拭いがよちよち集まってきます。
彼らはいつも伏し目がちで、こちらと目を合わせようとは決してせず、おずおずと
短い手をのばして食べ残しで汚れた皿をひきとっていきます。
大切なもののように胸に抱いて厨房の隅に拵えられたねぐらに持ち帰り、一晩かけて
皿をきれいにするのだそう。
どうやって。
彼らは水も洗剤もスポンジも使わないのに。
なめてるのか。
とも思ったのですが、舌もないのに。
ねえ。



寝転んで本ばかり読んでいた証しの

肘の黒ずみを無くした時、第三次性徴は始まる。始まらないことも。



かかとポケット

かかとにポケットのついた靴下
vs
かかとポケットに黒砂糖を詰めたがる伯父


黒砂糖に惹かれて寄ってきたアリ共の放つ蟻酸で繊維を焼かれた靴下の負け

愧じよ
靴下界のあらゆる分子は忘れてはならない
この敗北を痛愧せよ



効率性を重んじ電気つめきりで爪を切ろうとおもうのだが

一度に指9本分しか切れないつくりなのは何故。



トリもも骨付きただし皮を下にして

よく塩をきかせて膝のうえに。そのための膝。



てのひらに刺さったトゲを初対面のおっさんに

何の断りもなく抜かれたときの当惑も今はよい思いで。



左利きの人用ハムスターを買おうとして

ペットショップの店員に怪訝な顔をされたゆうべ。



銅の一輪挿し

道々吸い殻を拾って帰り
5本ばかり集まったら竹串を通し連ねて
銅の一輪挿しに飾ろう
蜜を求めて胡散臭い羽虫が寄ることもあるだろうし
そんな朝のトーストには期待がもてるって



割った卵の中身が砂で

困ったことに、黄身と白身がたちまち混ざってしまうんだわ。



クルブシハズシ

くるぶしをはずす必要などない。
にもかかわらず、欲求に負けてくるぶしを
はずさないではおれなくなったとき、クルブシハズシが助けてくれる。
くるぶしをはずそうと考えた者はまず、ペットボトルの蓋か何かのときの要領で
反時計回りに捻ってみる場合が多い。これは全く見当違いである。
また、くるぶしの縁に爪をたてて強引に剥がそうとして
くるぶしに縁など無いのに気付くというのもよくきく話である。
まずやるべきことはクルブシハズシを呑むことであり、水、麦茶、ミルクなどと一緒に
嚥下すれば楽にこなせる。見た目が気になる場合は慣れてもらうしかない。
体内に入ったクルブシハズシは脇目も振らずくるぶしの内側に直行し
そこで自らの頭を脛骨側に、自らの尻を腓骨側に押し当てて
突っ張るように背伸びをする。やがてぽこりと音を鳴らしてくるぶしははずれるが
入れ替わりにクルブシハズシの頭と尻があなたの新しいくるぶしとなるので支障はない。



雨見

降ってくるばかりじゃなく
雨粒には昇ってゆくやつもある
ごくたまにだけれど

本当に真剣に雨を見てる者なら
知ってるだろう



血圧計

カフを上腕に巻き送気すると
カフ圧が上がり上腕に強い締め付けが感じられるようになる

なんだか困ってる人にすがってこられたような錯覚が生じ
どうにかしてあげたい気持ちと
迷惑な気持ちとがせめぎあい
今日も不安定な表示



膝の裏

少年の膝を
膝の裏を原点に
善い波動の来る方に向かって
3歩ばかり進め
そこで地面を掘り返し
炭酸水が湧くのを待て

根気よく待てば
眠れる
眠れる



容積比がとりわけ大事であり

セメント、生クリーム、砂利が1:2:4と覚えておく。



酸味の利いたコーヒーを選んだあなたは

珍しくもない化石を手にいれる、またとないチャンスが訪れるかも。



ロールケーキスネーク

ロールケーキを100個食べてみたら
誰でも気付くことだけれど、ものによってはっきりと
美味い不味いがあることがわかるよね。
美味いのは胴のほうを使ってるからなんだって。
輪切りにしていったときね。




Copyright © カエル針 うめるとうまる All Rights Reserved.Designed by WAREHOUSE. Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。